So-net無料ブログ作成

大学入学共通テスト - 国数 記述式問題も延期? [雑感]

え~っと、前回の記事。ちょっと頭に血が上っていたので正確性に欠ける部分がありました。とくに「いわゆる難関大学 に限ってみると "採用しない" か、"出願資格として用いる" などとなっていて、」という部分。理系にとっての難関大学である東工大は 2019/10/11付けの "2021年度東京工業大学入学者選抜について(予告)(第2報)" によれば『英語* 科目については,筆記試験を課すとともに,「認定試験」の結果を活用します。配点(150点)の内訳は,筆記試験120点,「認定試験」30点とします。』となっていて、認定試験30点部分は CEFR C1 以上で満点、A2 だと5点で それだと英語満点の 1/6 (=25/150) のハンデを背負っちゃうところだったと… (でもまぁ 英検準1級の中で上位の得点なら CEFR B2 でハンデは 1/30 (英語150点中5点マイナス、トータルでは 5/750=1/150) になるし東工大を受ける子にとっては大したことではないかもしれませんね、"公式記録" を取得するという手間を除くと。)[最終的には 2019/11/20に「筆記試験150点とし,民間試験の結果は活用しない。」&「民間試験の成績を出願資格とはしない。」と発表されています。]

と、前置きが長くなりましたが、本題は 国語・数学の記述式問題について。
"入試改革" のもう一つの柱である 国語・数学 への記述式の導入。やっぱり、これもなくなりそうな雲行きですよね。(萩生田大臣は「延期を検討している」というのは否定してましたけど)個人的にはもう2021年度入試での導入は「ない」と思っておりまして、注目点は「延期」なのか「廃止(0ベースでの再検討)」なのか、ですね。1年だけ延期なんてされたら浪人してしまった場合には無関係じゃいられませんからね…[ふらふら] なんにせよ「年内に方針を出す」そうなので注目していきたいと思います。

ところでね、うちの子が少し前にボソッと言ってたんですけど「〇△◇(うちの子が通っている塾・予備校)の冬期講習の『共通テスト記述対策講座』(正式名称ではありません)が "募集中止" になってた」んだそうです。ハハハ、、、某政治家との癒着が疑われている某社と〇△◇は関係があるのかないのかよく知りませんし[わーい(嬉しい顔)] 事前に「延期 or 廃止」の情報が入っているわけではないと思いますけれども、まぁ今の状況で「共通テスト "記述" 対策」なんて銘打って講座はやれませんよね [爆弾] いったいその "記述問題" がどんなものになるのか全く分からなくなってしまったのですから。

とにかく、前回に引き続き巻き込まれてしまった受験生保護者としては「ふざけるな!」という気持ちです。前回も書きましたが、この「ふざけるな!」は、問題を指摘されて、かつおそらく "当事者" たちもその問題を理解していながら本来の趣旨にかなった "正しい" 判断をせずに "実施" を前提にこれまでの時間を過ごして来た 人々 に対する気持ちです。「"当事者"(である人々) が誰々なのか」を具体的に示すことも難しいと思うと同時に、「本来の趣旨」なんてものは "当事者" たちにとってはどうでもよかったのかもしれないな、などと思うと本当に怒りがこみ上げてきますね、もう一方の "当事者"(2021年度大学受験生)の保護者としては。。。(唯一の救いは『もう一方の "当事者"』たちが声を上げていることです[exclamation×2]

ともあれ、教育改革としてはほぼ意味のない、しかし当該受験生には害悪となり得る受験制度が実施されることが、ギリギリのところで "中止" されることになって本当によかった、と思っております。

#記述式が導入された場合のうちの高2生に対する影響に関する考察は別途(その気になったら)書いてみたいと思っています。ただ、まぁ国数の記述式については「意味がなさそう」と思いつつそれほど心配していたわけではなかったり。。。



大学受験ランキング

中高一貫教育ランキング


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

大学入学共通テスト - 英語民間試験延期 [雑感]

今まで "そのこと" に特に触れてきませんでしたが、うちの都立中高一貫校生は「大学入学共通テスト」初年度に大学受験をする学年なわけです。(実は、都立中受検時も「共通問題」導入初年度だったんですよね。どういう巡りあわせだ...[ふらふら] ほかにも19歳で成人になる唯一の学年でもあったり...)

まぁ、いろいろ不安ですよね。昨年から「センター試験同日"模試"」を受けていて、たぶん来年1月も受けるんですけど、それはいったい何の参考になるのか[exclamation&question]と。。。(まぁ他のたくさんある "模試" と同程度には "参考" にはなるのでしょうけれども…[もうやだ~(悲しい顔)]

で、皆様ご存知のとおり 11/1 には「2021年度大学入学者に対する共通テストでの 英語民間試験の採用は見送る(延期)」という発表が文部科学大臣よりなされました。 これの影響はどうなんでしょう…??

うちの子も、共通ID発行申込書 を学校に提出していましたが、無駄な手間だったんですね。(生徒の手間は大したことありませんが、先生方の徒労感は大きいでしょうね)なんていうのはじつは大したことではない [爆弾] のかもしれないですが、、、

某 SNS では都立の進学実績ナンバーワンである日比谷高校の校長先生の「きちんと準備してきた高校としては、『大いに迷惑、ふざけるな』と言いたい。4技能を測る入試は絶対に必要だ」というコメント(朝日新聞の記事リンク)が取り上げられて、いっぽうで 文部科学大臣宛てに ”2020年4月からの大学入試英語成績提供システムを活用した英語4技能検定の延期及び制度の見直しを求める要望書" (←.pdf にリンク) を出した全国高等学校長協会会長である都立西高校の萩原校長との対比で「日比谷の校長なんなん?」みたいな 批判?? があったりしましたね。う~む、この朝日新聞の記事では上記引用した文言のみが "切り取られて" 記載されているので様々な解釈ができてしまうのですが、個人的には「延期に反対」しているわけではなくて "ふざけるな" は「なんでこんな時期になるまで "延期の" 判断ができなかったのか[exclamation×2]」ということに向けられているという可能性もあるよな、と思いました。(別に武内校長を擁護する理由はないのですけれど。)一方で、このリセマムの記事(リンク) にあるように日比谷高校では "ケンブリッジ英検を校内実施" しているそうなので「きちんと準備してきた高校」という部分に対するヤッカミはあるのかもしれませんね[exclamation&question] 「自分のとこだけよければいいのか!」と…(まぁ西高も東京グローバル10に指定されているので "同様に" 対策はできているんじゃないかと思いますけれど[がく~(落胆した顔)]

とまぁそういったことはともかく。実際の受験に対する影響は? というと。

各種の報道では(あるいは文科省の発表などでも)国公立大学の 2/3 程が "英語民間試験を使用" みたいなことになっていたわけですが、その中身を見てみると「民間試験の結果により "加点" する」という大学・学部・学科はものすごく限られており、とくに いわゆる難関大学 に限ってみると "採用しない" か、"出願資格として用いる" などとなっていて、さらにいうと後者の場合の基準は CEFR で A2 とかなんですよ。これは、上で参照したリセマムの記事の中の図によれば、英検では準2級、GTEC だったら Core で満点とっていればOKなレベル。以前書いたのですが、某都立中では 中2時の GTEC Core の学年平均が満点の 95% でした。つまり、難関大学の出願資格としては「ほとんど意味をなさない」と思うのです。難関国公立大学を目指す受験生はほぼ全員 "あたりまえに" そのレベルはクリアしている。単に高3の 4~12月の間にそれを証明する受検が(追加で)必要になるというだけで。。。(これまで "校内で" 受けている GTEC は Speaking はないのでそもそもそのままでは使えないのですけどね[もうやだ~(悲しい顔)]

などといろいろ書きましたが、うちの子もご他聞にもれず 高3の4月以降に受ける英検 の予約 をしましたよ。これまた以前書いた通り中学生時には準2級止まりで高校生になってからはこれまで一度も受けていませんので、次は(2年生のうちに)2級を受けて高3の4月以降には準1級を受けるよね、ってことで…(まぁ2級は受けなくても GTEC の結果を見る限り落ちるハズがないと思っているので受けないかもれませんけど。受けるとしたら CBT の練習としてですね)

っと、何がいいたいのかわからなくなりましたが 高等学校長協会に限らず、現場や "識者" からはず~っと前から問題点を指摘されていたにもかかわらず、ここまで ”引っ張ってしまった" 文科省にたいしてはこころから「ふざけるな!!」 と言いたいですね。子供たちの間では 萩生田大臣 は ”ヒーロー" になっています 「君のおかげ(正確には "君が炎上してくれたおかげ”)で悲惨な事態になることは避けられた」 ということで(そして、もう君の役目は終わったので今すぐ大臣は辞めてね!、とも)。

大学受験に限らず、「18歳から選挙権」、今後これは大きな意味をもつことになるのかもしれないな、と思います。今回の件でも大手マスコミにも取り上げられた筑駒2年生をはじめとして、現高2、高3の当事者たちの "発信" の影響は大きかったと思っています。そして、それらの年代の青少年たちは「自分達が声を上げれば政治は変わる」(ちょっと大げさですかね?)ということを学びました。これらの年代のこれからの行動に大いに期待したいと思います。本当に。うちの子を含めて(それは是非に!)。「これからの 日本 を動かしていくのは君たちだ!」(もちろん先達の助けは必要だけれども) と、少し心が明るくなった出来事でもありました。


大学受験ランキング

中高一貫教育ランキング


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

Are You Ready [雑感]

都立中適性検査当日となりました。直前の一週間、当ブログにもたくさんのアクセスがありました [ふらふら]
受検生本人がみていることはないとは思いますので、その保護者の方がみていらっしゃったのだと思いますが、当ブログを閲覧された結果 心を乱されるようなことがなかったか、と心配になりました (^_^;;
本年度受検される方々が、本来の力を出し切って悔いの残らない "本番" を終えられることを願っています。

こんなときに出てくる必要はないのですが、当ブログとしては珍しく、ある曲 を紹介したいと思いました。

下に埋め込んだ曲は、とある映画の予告編映像で使われている曲で、タイトルは Are You Ready (On Your Own) といいます。(映像はその映画からのものです)

準備はいいか? というよりも、「準備はできているぞ!」と自分を奮い立たせているのだと思います。「自分だけで飛び立てるぞ!」と。

(歌詞からも映画の設定を考えても) おそらく大学入試に向かうとき、あるいは大学(等) を卒業して社会に出るときにもっともふさわしいように思いますが、(今になって思うに) 中学受験(検)は 親がガッツリと関わることのできる最後の機会 という意味で、受検本番へ送り出したときのことが思い出されたのでした。

出だしの歌詞は… なんて(訳を)書こうと思ったけれどやめておきます。実際に聴いて(見て)いただいて感じていただければなぁ。。。 と。(もし不快に思われたらごめんなさい m(_ _)m)
適性検査を受ける準備ができているか? ということではないのです。もともと不合格者が合格者の5倍も出るようなものなのですから、結果がどうであろうと 次に進む準備はできているぞ! と、強い気持ちで臨んでほしいと思います。これまで頑張ってきたことは決して無駄ではないのですから、勇気をもって次の一歩に進んで欲しい、と切に願っております。




(以下余談)
うちの子は小学校低学年でこの映画シリーズの最初のものを観に行き、後に DVDを購入してそれはもう何度も繰り返し見ていました。
都立中を目指していた小6の夏に海外では2作目が公開されたのですが、日本公開は未定…でした。冬休みに運よく海外版のブルーレイ・ディスクを入手することができ、受検直前にも関わらず彼は何度もそれ見ていました。以前書いているとおり、12月の志望校別模試の成績がどん底だった彼はそれを観ることで勇気を奮い立たせていたのではないかな、と今になって思ったりします。
結局、2作目は劇場公開されず仕舞いでした。3作目となるこの予告編の本編も日本公開は未定です[もうやだ~(悲しい顔)] でも彼はいつかそれを観ることを楽しみにしているようです [わーい(嬉しい顔)]




育児・小学校高学年ランキング

中高一貫教育ランキング


nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

都立中高一貫校 と 都立高 !? [雑感]

来年度入学に向けた都立中高一貫校の適性検査の日まで、残り約一か月半。先週日曜日に某塾の学校別模試があったせいか、その少し前から当日まで、当ブログにも多くのアクセスがありました (^_^ゞ うちの子は最後の学校別模試でD判定だったとか、「模試なんてそんなもん。(1) (2) 」みたいなことを書いていますので少しでも気休めになっていましたら幸いです。m(_ _)m もうここまで来ると「心身の健康を心掛けて各受検生ごとの事情に合わせたやるべきことをやる。」これに尽きると思います。本年度受検生の皆さんが悔いのない日々を過ごされますことを願っています。

というところで、本日は最近知った面白い事実 について書きたいと思います。

この秋(もう冬ですが)うちの子も受けた全国統一高校生テスト。本当は多くの同級生が受けていた某SD模試を受けさせたかったのですが学校絡みの行事と重なってしまって受けられず、それなら代わりに、と。。。 で、その結果、わりと良い成績でした [わーい(嬉しい顔)](どのくらいか、は書かないでおきます。すみません)

その全国統一高校生テストについて、友人間で話題になった際に「同校の友人 の 友人(他の都立中高一貫校)が高1生部門で優秀者として表彰された」ということを聞いてきました。そうなの? それじゃ、、、というわけで全国統一高校生テストのサイトを見てみると。。。

まずはその高1生部門。なんと上位30名の成績優秀者に (かつて)都立中御三家(と称されていた学校) の各校から一名ずつ名前が載っていました。おぉ、、、他の優秀者の所属校もほとんどが名の知れた進学校ですね。そんな中に名を連ねるとはさすがじゃん (^ ^;;; と思って、続いて高2生部門を見てみると…

今度は 日比谷高生が3名、西高生と立国生(国立(くにたち)ではない)が1名ずつ、載っていました!
で、思ったのは、高1では都立中高一貫校生の方が若干リードしているけれど高2になると都立トップ高生は簡単に追いついて抜かしていくってことなのかな、と。
いえね、高2になると高1生部門と比較していわゆる公立高校生の比率が高く、その理由は、中高一貫進学校の高2生は受験学年部門を受けているからなのでしょうから、そんなに単純な話ではないのだとは思いますけれど。(ちなみに、都立中高一貫校の高2生はどちらを受けているんでしょうね…?)

というわけで、受験学年部門を見てみると。。。

いやはや、スゴイですね。中学生で受験学年部門決勝大会に進んでしかも成績優秀者にリストされちゃう方がいるという… それは特別としても、受験学年部門の高1生(中学生を含む)の優秀者は、さすがに私・国立校の方ばかりですね。でも、高2になると公立高生がチラホラ… そして全学年でも 公立高生も健闘! 我らが都立代表、小石川6年生(高3)もいました[exclamation×2]

って、なんだか自分ちの子とは関係ない世界の話でなんだか盛り上がってしまったのでした [わーい(嬉しい顔)]

#ちなみに受験学年部門、高2生部門についてはわかりませんが、高1生部門は受験者数は多くありませんでした。成績優秀者が上位 0.数%になるくらい…



中高一貫教育ランキング

大学受験ランキング


nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:育児

"賭け" と "ギャンブル" と "確率" と。。。 [雑感]

サッカーW杯 ロシア大会。日本代表は かろうじて グループ・リーグ(GL)を勝ち抜いて決勝トーナメントに進みました。GL第三戦 ポーランド戦の終盤における 日本チーム の戦略について賛否両論があるようですが、概して サッカー関係者、とくに W杯(予選) や オリンピックの経験者の意見は「十分に有り得る選択」という感じではないでしょうか。。。(?)

各種媒体の記事では「危険な賭け」とか「ギャンブル」とかいわれているわけですが、なんだか少し違和感がありまして… いろいろと考えているうちに、うちの子供たちの都立中受検の過程が思い出されてしまったのでした [わーい(嬉しい顔)]
[以下は、個人が感じたこと、想ったことです。"賭け" が成功した場合に得るものも失敗した場合に失うものも全然異なりますので西野監督の判断と我々の判断を対比させようという意図はありません m(_ _)m]

さて、あの試合。コロンビアが先制点を獲得して コロンビア1-0セネガルとなった時点で:
(客観的事実)
・一点取って追いつけば自力でのGL勝ち抜きが決まる
・このまま 1-0 で負けてもコロンビアーセネガルの得点が動かなければ GLを勝ち抜ける
(確率事象)
・一点取りに行った場合に獲れる確率は a %
・一点取りに行って逆襲で点を失う確率は b %
・一点取ることをあきらめてそのまま試合を終わらせることができる確率は c %
・セネガルは当然攻めるが、結果として1-1と追いつく確率は d %
・攻めるセネガルに対してコロンビアがカウンターで追加点をあげる確率は e %
・コロンビア-セネガル戦が 1-0 のまま終わる確率は f %

まずは 日本の自力の部分(a~c)について。個人的な印象では a=1~2%、b=80%、c=100% でした[ふらふら] (一点取りに行ってそのまま終わる確率は 100-aーb=18~9%です) 失点の可能性については少し悲観的すぎるかもしれませんが、日本代表スタッフの見立てでもbは少なくとも60%以上だったのではないかと思います。
一方で "他力" であるコロンビアーセネガル戦の各事象について。NHK の裏番組をちらちら観ていた自分としては d=5%、e=20%、f=75%って感じでした。で、ですね。これについては多分、客観的な統計データも手元にあったのだと思います。「失点しなければ勝ち抜け」のチームと「1点取らなければ敗退」のチームの対戦で残り10分(+アディショナルタイム)で得点が動く確率。さらにはdになる確率。それに加えて現地のスカウティングからの情報もあると思われますから、西野監督が「ステイ」という判断をした裏にはおそらく80%以上(少なくとも70%以上)の確率で「望む結果が得られる」という根拠があったのだと思います。

と、まぁ当ブログのテーマとは関係のないことを長々と書きましたが、都立中受検も一部では「ギャンブル」と言われたりすることもあるようです。これは本当なんでしょうか? まぁ、そういう感覚で受検する方々がいるのかもしれないとは思います。でもね、うちの場合、こんな記事(「あれは "賭け" だったのか。。。?」)も書いていますけど、"賭け" ではあっても "ギャンブル" とは思っていなかったですね。う~ん。。。[exclamation&question]

多分ね、"賭け" と "ギャンブル" の意味を感覚的に区別しているんですね。
"賭け" は「不確かな結果を信じること」というくらいの感覚で、"ギャンブル" については次の2つを指すというような感覚。
1) 自力ではどうしようもないことに "賭け" ること
2) 成功する確率が低いことに "賭け" ること

だからね、今回の西野監督の 究極の選択 は「ギャンブル」とは思わないのですよ。冷静に「勝ち抜ける確率(かなり高い)」を見極めた上で決断したのだ、と。

さてさて、あと2年と少し先にはうちの都立高生の 大学受験 がやってくるわけですが、くれぐれも「ギャンブル」をしなければならない状況にならないことを願うばかりです (^o^ゞ


タグ:受検 都立中
nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:育児