So-net無料ブログ作成

直前対策に向けた模試結果の分析 [受検までのこと]

さて、2つ前の記事に書いた "志望校別模試" での2回連続の 不本意な結果(合否判定)を受けて、12月中頃からの一か月(1月中旬の直前の模試まで)の間に、"塾には任せておけないから" ということで行った 対策 について書こうとおもっていますが、その前に、以前の記事では "総合成績" についてのみ推移を書いたので、ここで 適性検査 I (長文読解+作文)、II および III (どちらも算数+理社+記述) のそれぞれについての偏差値の推移を記しておきます。(環境によっては見にくいかもしれません。ゴメンなさい m(_ _)m)

     11 月都立総合 11 月志望校別 12 月志望校別 1 月直前(都立全般)
適性 I :ーー 48 ---- 49 ---- 45 ---- 65
適性 II :-- 67 ---- 61 ---- 50 ---- 66
適性III :-- 53 ---- 53 ---- 52 ---- 66
( 総合 :-- 59 ---- 56 ---- 49 ---- 7x )   

こうして見ると、どうでしょう。。。 以前の記事で書いた 6年生の夏ごろの塾 からの指摘 と照らし合わせると、
(1) 適性 I (作文含む) よりは 適性 II および III で点を稼ぐべき・・・ というのは 全くあてはまらない ということはないですが、(2) 適性 III で 適性 I の分を挽回できるかも・・・ という感じではありませんね [ふらふら] 一応、これより前には適性 III で偏差値60を超えたことはあったのですが…

ともあれ、12月の "志望校別模試" が終わった時点で明らかなことは "適性検査 I" をなんとかしないと ヤバい! ということでした。 (7~9月の模試では偏差値60オーバーだったこともありましたが、この記事に書いた通りそれは "採点が甘かった" という事だったようです。。。 そして、実はそれは (とくに模試において) 記述の割合が多い III についても同様なのでした。[もうやだ~(悲しい顔)]

というわけで、12月中旬からの1か月間に具体的にどのような対策をしたか、を "次の更新で" と2つ前の記事のおわりに書きましたが、その内容はこの次の更新で書きたいと思います。m(_ _)m



中学校受験 ブログランキングへ



nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。